×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

変形性関節症


関節の痛みをやわらげたいについて

膝や肘などの関節に痛みを感じている方は結構多いのではないでしょうか。
特に中高年の方や長年スポーツをされている方にも多いのではないでしょうか。
この関節の痛みの大半は「変形性関節症」などの「関節炎」が原因となっていることが多いのです。
中には「もう仕方がないよ・・・」とあきらめている方もいるのではないでしょうか。
しかし、関節の痛みを改善する方法はあるのです。
特に「グルコミンサン」や「コンドロイチン」は非常に良い効果を発揮します。

グルコミンサンとコンドロイチン

「グルコミンサン」や「コンドロイチン」は健康的な生活をおくるために、
体にとって非常に大切な成分です。
さらに、これらの"軟骨成分"は年を取っていくとともに不足しがちになります。
しかも、通常の食事では十分な量を摂取することができません。
しかし、人間の体、特に関節にとっては非常に重要なものなのです。

関節の痛みについて

膝や肘などの関節に痛みを感じている方は結構多いのではないでしょうか。
特に中高年の方や長年スポーツをされている方にも多いのではないでしょうか。
この関節の痛みの大半は「変形性関節症」などの「関節炎」が原因となっている
ことが多いです。
中には「もう仕方がないよ・・」とあきらめている方もいるのではないでしょうか。
しかし、関節の痛みを改善する方法はあるのです。
特に「グルコミンサン」や「コンドロイチン」は非常に良い効果を発揮します。

関節と軟骨

人間の体には約140の関節があります。
そして、大きな骨と骨が直接擦れあわないように、関節と関節の間には軟骨が
あります。
軟骨があるから関節はスムーズに動くのです。
「骨」といえば「カルシウム」を想像しがちですが、「軟骨」には「カルシウム」は
含まれていません。
その軟骨には滑液(関節液)という液体が含まれています。
そのため軟骨は柔らかく弾力性があるのです。
軟骨は水分を含んだスポンジのようなものです。
関節を曲げて圧力がかかると、軟骨(スポンジ)から滑液(水分)が絞り出されます。
そして関節をもとに戻し圧力が抜けると、滑液は軟骨の中に戻ります。
つまり軟骨は関節にかかる衝撃を和らげてくれるクッションの働きをしてくれて
いるのです。

軟骨とコンドロイチン

軟骨を構成する成分の約27〜43%がコンドロイチンと言われています。
コンドロイチンは若いころは体内で作ることができます。
しかし年齢が上がるにつれ、体内で作ることができるコンドロイチンの量は
減っていき、25歳を過ぎると急激に衰えます。